めぐみさん 新曲「光の隠れ家」発表の様子です

「光の隠れ家」の歌詞の中に「生まれたままの心では生きていけなかったから」というフレーズがあります。
天真爛漫に生きていければ幸せだけれど、どうしても相手を思うあまり、自分の本心を隠して上手くやらなくちゃいけないと無理をしたり、周囲の求める自分であろうと我慢をしていませんか?
無理をするとしんどくなって自分の心が内側と外側にどんどん分離し心のバランスが崩れ、だんだん生き辛くなってしまいます。
歌詞の中に出てくる「君と僕」は登場人物は一人です。
苦しくて心が内側と外側に分離してしまうと「誰かに助けてほしい、わかってほしい、認めてほしい、褒めてほしい」と人に助けを求めたくなります。助けを求めることは大切なことですが、でも 思いを誰かに求めれば求めるほど
「何故わかってくれないの?」
思い通りにならないことがフラストレーションを増やしてしまう...ことはありませんか?
「周りの人に優しくしましょう。」と学校は教えてくれるけれど、もっと自分の心の声を聴いて自分に優しくしてあげませんか?
誰に認めてほしいのか、誰に褒めてほしいのか、一番認めてほしいのは自分だとわかれば必要以上に苦しまなくていいのではないでしょうか・・・

苦しくて内側と外側に分かれた心も本来は、お互いを守り合うように、お互いを補うようにして人格を形作っているのではないでしょうか。
内側の自分も外側の自分も丸ごと自分を受け入れて自分を褒めてあげましょうよ。
そんな気づきが生き辛さを軽くしてくれたらいいなあとメッセージに私の願いを込めました。                                                                                                                                  by めぐみ

NPO法人四つ葉のクローバーではめぐみさんのご好意を受け、この度「四つ葉のクローバー」と「光の隠れ家」をCDに収録しました。バック演奏は我らがジェリービーンズ&yokkoが無償で綺麗な音をつけてくださいました。めぐみさん、ジェリービーンズさん、yokkoさんお忙しい中、四つ葉のためにご尽力くださり、本当にありがとうございました。このご恩は一生忘れることなく、若者たちに繋いでいきます。
1枚千円で販売しています。収益金は四つ葉の運営資金にさせていただきます。どうかお買い求めくださいますようお願い致します。お問い合わせは四つ葉のクローバー までお願いいたします。http://yotubanokuroba2013.com/