滋賀県の新しい取り組み☆

就労困難な人たちこそ、企業や社会の力となることを立証していくべき滋賀の新しい取り組みがスタートしました。
NPOを始めた3年前、友人を通じてある会社に若者の就労をお願いしにいきました。
「この不景気なご時世にマイナスの人材雇えってか?アンタうちの会社、つぶす気か?!」
悔し涙が出ました。
心のなかで「こんな会社つぶれたらいいねん」...
今日お会いした社長さん方たちのお話をお聞きして嬉し涙がでました。
「滋賀県は福祉に手厚いと言われているけどそれだけで終わらせてはいけない。誰もがどれだけ生き甲斐を感じて生きるか?働けるか?その社会のしくみを作ろう」
同じベクトル見ている人たちは何て温かいんでしょう。
四つ葉もチームに呼んで頂き感謝感謝です☆