フリースペース あす架

2016年2月29日 カテゴリー:お知らせ

四つ葉のクローバーでは四月より居場所支援事業を始めます。 みなさんはこんな言葉をご存知ですか? 啐啄同時(そったくどうじ) 「禅」の言葉です 「そつ」はひな、が内側から殻をつつくことを言います。 「たく」は親鳥が外側から殻をつつくことを言います。 ひなは自分の口ばしで卵の殻をつつき、生まれ出ようとします。 少しずつ時間をかけて自分で自分の殻を割っていく・・・ その機を逃すことなく親鳥は外からつつい

毎日新聞 くらしナビ・ライフスタイルにて取り上げていただきました

2016年2月27日 カテゴリー:掲載実績

今朝の毎日新聞 くらしナビ・ライフスタイルにて取り上げていただきました。お忙しい中、東京からお越しいただいて丁寧に取り上げていただきありがたくお礼申し上げます。 このようにメディアに取り上げてもらい少しでも多くの方に知っていただき若者たちが明るい未来へ進めるように望んでいます。 四つ葉のクローバーの力になってくださっている方々に、あらためて感謝の心でいっぱいです。 毎日新聞 くらしナビ・ライフスタ

NHKニュース

2016年2月26日 カテゴリー:お知らせ

虐待などのため親元を離れた子どもたちが暮らす児童養護施設について、厚生労働省は、原則18歳までとされている施設で暮らせる期間を22歳まで延長し、支援を強化する方針を固めました。 虐待や経済的な事情で児童養護施設で暮らす子どもたちは、18歳になると原則、施設を出て自立しなければなりません。 しかし、福祉の専門家などで作る厚生労働省の委員会では、進学を諦めたり転職を繰り返したりして生活に困窮するケース

児童養護施設で暮らせる期間 22歳まで延長へ

 カテゴリー:お知らせ

選挙権が18才に引き下げられようとするなかでの画期的な法律改正。これは施設に入らなければならなかった子どもたちがどれだけ生きていくことが大変かということを国が認めるということ。それだけ経済的にも精神的にも過酷だということを法律で認め、若者たちを守ろうということ。逆に今までどれだけ多くの出身者が苦しんだかということ。そのなかで立派な人生を送っている先輩たちがどれだけ人の何千倍もの努力をされたかがわか

サムライフ上映会に行ってきました

2016年2月24日 カテゴリー:お知らせ

サムライフ上映会会場にて四つ葉のクローバー赤い羽根共同募金活動をさせていただきました。募金8433円は赤い羽根共同募金を、通じて四つ葉に寄付される形になります。 ありがとうございました。 侍学園は長野県にある若者の自立を支援している日本一小さな学校です。元高校教師の男性と教え子4人の若者が誕生させた年齢無制限の学校です。何歳になっても自分次第で「スタートライン」は毎日やってくる。取り組み方が素晴ら

赤い羽根使いみちを選べる募金

 カテゴリー:お知らせ

滋賀県では 1月~3月末まで 赤い羽根 つかいみちを選べる募金 ~あなたの思いがこの地域を良くする力となります~ が開催されています。 12団体のなかから応援したい団体、活動を選んで募金をお願いするという画期的な方法が取り入れられました。四つ葉は昨年夏ごろからこの募金会にエントリーして採択されました。この振込用紙の設置場所は社会福祉協議会等限られています。応援してくださる方おられましたら振込書を郵

クローバードリームライブ2016

2016年2月20日 カテゴリー:クローバードリームライブ

クローバー・ドリーム・ライブ2016 ~僕らの夢は普通でええねん~ 総勢250名がお越しくださいました。 皆さまありがとうございました。 出場頂いたヒューマンノートの皆さま、めぐみさん、前夜から会場準備をしてくださったボランティアの皆さまなどたくさんの方々のおかげで無事に終了しました。ここに深くお礼申し上げます。 ~僕たちの夢は普通でええねん~ 「普通って何?」 「家があって、家族がいて、ご飯

ケーキとチョコレート

2016年2月12日 カテゴリー:お知らせ

支援者さんから若者たちにチョコレート届きました♪ありがとうございます。 ↓の写真はシェアハウスの若者が先週、ピアノの先生の誕生日に一人で作ったケーキです。 施設時代にボランティアでピアノを教えてくれていた先生との偶然の再会は彼にとって希望の光となりました。 ドラマ「コウノドリ」の綾野剛のように一心不乱に思いのすべてを鍵盤に込める彼のビアノを聞くと訳のわからない感動で涙がポロポロこぼれます。 ピアノ