今朝の京都新聞に四つ葉の若者が掲載されました。

2016年12月3日 カテゴリー:掲載実績

四つ葉は大人が決めたルールが、たった一つ。
「火事を出さない」
泥棒は命まで持っていかないだろうけど火事は命がとられる恐れがあるからです。

ルールは入居者たちが話し合って決めます。
困りごとがあると木津君が全員に声をかけて話し合いをしてくれているようです。
彼は口はぶっきらぼうですが、心は繊細でガラス細工。
にも関わらず誰とでも合わすことができ、正しいことをストレートに言うタイプで四つ葉の緩衝、クッション役をしてくれています。施設でしっかり職員さんの愛情を貰った賜と思います。
「特段、仲良しこよしはしなくても、お互いに距離感を持って、気持ちよく過ごそう」と
若者たち自身がキッチンの使い方など努力しているおかげで四つ葉のクローバーの訪問客は見学後「掃除が行き届いていて綺麗ですね」
と皆さんが感心されます。
こうやって四つ葉の先輩たちから後輩へのルールの伝承はかけがえのない宝となっていくのでしょう。彼らの自律と自立が出来ていく姿は大きな喜びと四つ葉の力となります。
木津君に感謝です。
来年1月29日クローバードリームライブ2017では木津君ら若者が第1部で話をします。
皆さまのご来場をお待ちしています。