四つ葉がなにを伝えていけるか

2016年9月18日 カテゴリー:お知らせ

貧困や虐待のなかで育っても、長い間困難を抱える子もいれば、自立のチャンスをつかんでいく子もいる。その違いに着目し、「支援の糸口がある」と考え多くの大学教授が調査研究してくださっている。施設退所後は支援が途切れると自尊感情が低くなる傾向も見え、「継続的によりどころがあることが効果的」
四つ葉では
彼らのどうしょうもなく、辛くて、もがく姿を目の前にして、なす術もなく …
「神様仏様よろずの神様、どうか助けてやってください」と祈るしかない場面もあります。
「自立して成功した子も自立出来ず成功できない子も皆んな大好きだよ」
四つ葉は一生をかけて伝え続ける場です。