四つ葉卒業生と丸1日デート

2017年11月28日 カテゴリー:お知らせ

4年前  全身トゲだらけで取り扱い不能だった。 2年経ち 取り扱い厳重注意に進級。 2017年  全身のトゲが抜けて触っても痛くない。 取り扱い自由に進級 本日  「でも今日みたいに時々は点検してほしいです!」 「了解っす❣️」 近江八幡休暇村.のどかに泳ぐアヒルたち〜 マキノのメタセコイアの並木〜 琵琶湖に浮かぶ白

四つ葉カー

2017年11月20日 カテゴリー:お知らせ

赤い羽根共同募金 平成29年度(滋賀の街をよくする仕組み)助成金を頂き 三菱ミニキャブを購入させていただきました。 厳しい審査を通り助成が決まった時は スタッフ一同飛び上がって喜びました。 市民の優しさや思いやりを車に乗せて若者達と走ります。 ありがとうございました。

お礼

2017年11月16日 カテゴリー:お知らせ

今朝の朝日新聞 ”声” の記事です。 10月13日付けの朝日新聞に載った 四つ葉のクローバーの活動を知り、 ご年配と思われるご婦人から 多額のご寄付を頂きました。 が連絡先の記載がなく、 ご婦人へのお礼の気持ちをこめて 朝日新聞”声”欄に投稿しました。 1日5千通もの投稿が寄せられると聞いており、 半ばあきらめていましたが嬉しいです。

「授与式」

2017年11月5日 カテゴリー:お知らせ

ひとりひとりが大事にされ、助け合いがつながる居場所  滋賀の各地には、過去から現在まで 「自覚者が責任者」という糸賀一雄さんたちの思想と実践を 共有する“福祉しが”の営みが脈々とあります。 滋賀県縁創造実践センターの5年間の営みは、 新しいものを創っていくことだけではなく、 これまでの取り組みを浮かび上がらせ、 その実践者とともに未来へと営みをつなぎ、 広げていくというもの

東京からお客様でした

2017年10月28日 カテゴリー:お知らせ

東京大学の窪田先生が 四つ葉視察に来てくださいました。 澤穂希さん似のとても優しい気さくな先生で ハウジングアンドコミュニティ財団様からの助成金審査で 一押しをしてくださったそうです。 頂いた助成金で二階のリノベーションの一部と 地域社会との交流会に充てます。ありがとうございました

たすきリレー参加しました

2017年10月14日 カテゴリー:お知らせ

四つ葉の若者たちも走った。 走りながら苦しかった日々が走馬灯のように蘇り、 ふと自殺衝動にかられた瞬間があったという。 「でも大丈夫。僕には1か月前からマラソンの練習を ほぼ毎日一緒にしてくれたスタッフ、当日一緒に走ってくれたスタッフ、 共に前に向かって走る仲間、ゴールで待ち構えてくれたスタッフ、 マラソンのご褒美にラーメンを奢ってくれたスタッフがいる。」 これからもシン

橘大学にて講演

2017年7月10日 カテゴリー:お知らせ

去年に引き続き今年も京都橘大学で2日間に渡り 520名の学生さんにお話をさせていただきました。 テーマは「地域社会で生きるとは」 主に四つ葉の活動と滋賀の縁創造実践センターの 取組について説明しました。 縁(えにし)は 制度の狭間に陥ることのないよう 滋賀県社会福祉協議会が中心となって 民間福祉団体等が枠を超えて 繋がり人々の縁を結びなおし 地域のなかで皆が生き

繋ぐ

2017年7月9日 カテゴリー:お知らせ

滋賀県ではこの事件をきっかけに 毎年虐待防止の思いをオレンジリボンたすきに込めて、 人から人へたすきをつないで、びわこ一周を走ります。 当時担当だった県職の郷間さんの思いを全国へ オレンジリボンの輪をつないでいくために 四つ葉も参加します。

東京出張

2017年7月8日 カテゴリー:お知らせ

ブリッジフォースマイルの カナエール2017に参加してきました。 児童養護施設の子どもたちのスピーチコンテストで 参加者10名の子どもたちは 全員大学や専門学校の学費等の奨学金を もらう仕組みになっています。 〜人との出会いが夢との出会い。 夢との出会いは人との出会いだと気がつきました〜 〜皆さん大切な人はいますか? 私は大切な人を思い浮かべられない そんな寂しい人

四つ葉の高校生の運動会、応援に来ました!

2017年7月6日 カテゴリー:お知らせ

梅雨の合間の真っ青な空の下、 四つ葉の高校生の運動会なう♬ 応援する保護者の多さに驚きです。 軽く100名以上。 昨日スタッフからは、 「僕の親は来たことがないです・・・」 「え?高校の運動会なんて、親は誰も行かないやろ❗️」 ...(^◇^)ほっ

3 / 2012345...1020...最後 »