若者が皆さんの前で講演をしてきました♪

2017年1月21日 カテゴリー:お知らせ

四つ葉の若者、野洲市北野学区人権啓発協議会約60名の前で講演をさせていただきました。小学生の頃、親からの虐待を警察は知っていたけれど民事介入不可家庭だったこと。学校の先生に「大丈夫?」と聞かれて「大丈夫じゃない」って言えなかったこと。
何故なら子どもは「そんなダメな親を守らないとあかん」と思うこと。
父がふるう暴力で隣のおばさんが翌日学校に行こうとしたら「お母さん大変ねー。お母さんを助けてあげるのよ。」と子どもの自分に言われたこと。お母さんが殴られる前に私もボコボコにされてるのに、「どうやってお母さんを守れるの?どうしておばさんが助けてくれないの?」と言えなかったこと。
大人は何もしてくれなかったこと。
高校を卒業するまでそんな毎日が続いて、ある日親を殺そうとした時…
傷だらけの顔を見て高校の担任が児童相談所の電話番号の書いたメモをくれていたことを思いだし電話に出てくれた担当者がすぐに動いてくれたこと。中略。皆さんのご近所や娘さん息子さん、お孫さんが助けをもとめていないか?もし育児ノイローゼで、虐待をしている人がいたらその人を責めるのではなく、そのお母さんたちが孤独になっていないか?孤立していないか?
地域全体で育児支援をしていってほしい。
今、はやりの子ども食堂がたくさんあれば、家のなかでまともにご飯も食べれず助かる子どもはたくさんいるはず。助けを待ってる子どもは絶対にたくさんいるはず。後略。
一生懸命語る若者に「よく頑張ってきたね。辛かったね。がんばれ、応援するよ。勇気がでた。地域が出来ることをしていかないとあかん。」
たくさんの拍手と言葉をかけてくださりありがとうございました。
外は小雪混じりの寒さでしたが野洲市北野学区は温かかったです。本当にありがとうございました。
いよいよ今月末29日四つ葉のクローバードリームライブ開催します。今日の若者も語ります。若者たちが語ることで逆に勇気づけられ「頑張って生きようと思えた!」とお礼を言ってくださる。
人の役にたつ自分がいることが嬉しいと笑う若者たちに是非とも会いにいらしてください♫
1月29日午後12時半開場、
栗東さきら無料です