「四つ葉みらい基金サポーターのお願い」

2016年12月29日 カテゴリー:お知らせ

毎月一口千円のサポートお願いできませんか?
進学や資格など子どもたちの未来を応援するみらい基金を設立しました。
油藤商事の青山さん❣️
シェアハウスの若者の面倒を見てくださりお礼に伺ったつもりが!…
ちゃっかりサポーターのお願いをしてしまい!
にもかかわらず、
青山さん
「千円ならお安い御用や‼️」と快く引き受け頂き感謝です。
例】シェアハウスに住みながら大学生一名が生活に必要なお金は(授業料は奨学金でまかなっています)家賃2万円、食費、大学までの交通費、教科書代、実習費、小遣いなど最低8万円。
アルバイト1日850✖️5時間✖️20日=8万5千円(100時間)
学校帰りにバイトに直行し帰宅は11時を軽く回ります。食事をしてお風呂に入り寝るのは午前を回ります。
体調も良くて元気なときは若いから平気です。
何が困るか?風邪を引いたり体調が悪い時でも、無理をしても稼ぐ必要があり、困ってもお金を頼れる人がいないことです。
四つ葉のみらい基金はそんな大学生や社会に出たけれどまだまだ生きることが下手くそな若者たちを金銭的に援助する仕組みを作りました。
毎月千円のサポーターさんが30人で3万円。1人の大学生のアルバイト時間を1/3に減らすことが可能です。
皆さま、サポーターになって子どもたちの未来を応援してくださいませんか?
お問い合わせは四つ葉のホームページ、もしくは08061604280までお電話のほどお願い致します。